FC2ブログ

ちょっとでも違いあり

窓の前に立て掛けた吸音パネル。

固定せず立て掛けて使用する場合は角度がつくので、側面に隙間ができます。

壁で使用し、アップライトピアノの後ろに設置したり、金物で固定すれば、隙間はほとんどなく設置できます。

私が設置した窓前の場合は、壁際と側面に隙間がでました。


この部分を塞ぐと効果も少し上がります。

吸音材や制振材の細かい端材で適当に塞いでみても違いがでます。


隙間があれば音は通るし、何もしていない部分には振動が伝わるので、これだけでも差があります。


木造住宅2階の6畳部屋で周波数測定をしてみるとこのようになりました。
部屋には窓が2箇所あり、片方だけに設置しています。

始めは窓を閉めてガラスだけの状態


吸音パネル2枚を並べて設置すると


更に隙間を塞ぐと

このような結果になりました。

小範囲の部分防音で効果を得るには、それなりに大事なことと思います。

二重サッシほどの効果はありませんが、事情があり設置できない場合はこのように使うこともできます。

まだこの他にも工夫の仕方があるので、また紹介しようと思います。


住宅防音
スポンサーサイト



これでも効果あり

窓用防音パネルを梱包している間に、吸音パネルを窓の前に置いていました。

騒音計なしでも体感で音が小さくなるのがわかります。
ドアの前に置いて使っている方もいるので、一度実際に実験して数値を見ようと思います。

これなら賃貸にお住まいの方でも、引っ越しをした後でも使えると思いますよ。




住宅防音

吸音パネル改良

吸音パネルを新しく試作しました。

細かい部分の改良で、見た目は変わりません。

工事現場で作っていたものより、使える人の幅も広がったと思います。

改良したので、これから製品詳細ページの資料を作り直し、足りない写真も撮影して提出します。


住宅防音

窓パネルをセットしてチェックします

防音パネルを使っての外壁側2面
窓防音パネル2箇所
押入れ側の超簡単防音
改造簡易防音ドア
今の部屋の状態です。

天井、床、部屋と部屋との間仕切り壁はまだ何もしていません。


現状でもドアを閉めるとかなり低減されているのがわかります。

防音で優先させるべき部分の窓と外壁側がほぼ終わったので、ここで音漏れや外からの音の入りをチェックしたいと思います。

住宅防音

部分的防音


この吸音パネルは以前作ったものでマンションで使われているものです。
パネルをこのように使い、床は前に紹介した部分敷きの簡易防音で合わせて使えば音漏れも和らぎます。
パネルのない部分には吸音材を貼って壁を覆えば簡易防音壁になり効果も上がります。

住まいの環境にもよりますが、パネル2~3枚、床2~3畳もあればいろんな楽器が演奏できると思います。

パネルは遮音性能を付けることにより外からの音にも効果があります。
住宅防音
プロフィール

防音職人2号

Author:防音職人2号
ようこそ!
防音工房-shin-真の篠木です。
2006年から住宅防音の設計、コンサルティング業者で専属施工担当(防音リフォーム)をしていた大工職人です。
長い現場経験からDIYでも工事の性能に近づけた防音パネルの製作をしています。
業者を呼んで簡易防音の工事をするならDIYでやってみてはいかがでしょうか。

🌐
❖ホームページ

❖インスタグラム
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
タグ

#簡易防音 #防音パネル #diy #音漏れ対策 #騒音対策 #壁の防音 #防音効果 #測定 #防音性能 #音漏れ #間仕切り壁 #diy防音 #実験 #防音壁 #吸音パネル #壁用 #窓の防音 #窓用パネル #楽器演奏 #バイオリン #防音室 #防音ドア #騒音 #防音材 #アップライトピアノ #吸音材 #防音 #子供の足音 #ドアの防音 #扉の改造 #床の防音 #遮音材 #試作品 #アレンジ #部分防音 #足音対策 #防音仕様 #上階の騒音 #製品データ #使用方法 #ピアノ 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ