FC2ブログ

窓用防音パネルの大きさを測るには

窓用防音パネルを注文するためには、窓枠の内側寸法を正確に測っていただかなくてはなりません。



測り方はホームページに記載してありますが、スケール(コンベックス)で測るのに不安のある方もいるのではないかと思います。


そこで、もうひとつの方法を紹介しておきます。

これは真っ直ぐな木材で切り口も真っ直ぐにカットされています。
このような木の棒を2本使い、長さを測ります。
通称、バカ棒と言います。
なぜバカ棒というのかを調べていただければ、不安も解消されると思います。
棒の長さは、測る長さの3分の2程度あると良いです。
この測り方はいろんな場所で使えます。


まずはA B C、高さの測り方をAの部分で説明します。

最初に棒を2本並べて下枠に置き、棒をピタリと枠に接地させます。
そのあと、手前の棒を上にスライドして上枠に接地させます。

棒が斜めになっていないかと、上下しっかり接地しているかを確認して、棒の重なっている部分に鉛筆などで◎印を付けます。
印を付けておけば、棒を枠から外す時にズレても元に戻せます。

印を付けたら枠から外し、棒の長さをスケールで測れば正確な長さが出ます。

Bを測る場合はサッシの桟(真ん中の柱部分)を目安にして測ってくだい。

どの部分の寸法も、心配なら2、3度測って確認すると良いでしょう。



次にDとF、幅の測り方をFの部分で説明します。
こちらも2本並べて、右側か左側どちらでもよいので、しっかりと枠に接地させて、手前の棒をスライドさせて反対側も接地させます。


両端ともしっかり接地していることと、斜めになっていないのを確認したら、棒の重なった部分に印をします。

枠から棒を外し、印がズレていないことを確認してスケールで測れば正確な長さが出ます。



Eの場合は、左右同じ高さに予め印をしておきます。


style='max-width:100%' />

印に合わせて同じように測ればOKです。

簡単な動画をインスタグラムに投稿したので、参考にしてください。

https://www.instagram.com/otoreform/

※カメラ片手にやっていますので、皆さまは両手でしっかり持ってやって下さい。
それと、窓枠の深さGもあるので忘れずに測ってください。

よろしくお願いいたします。




住宅防音
スポンサーサイト



試作品製作から1年

窓用防音パネルの完成から1年が経ちました。

1年の間、取り付け取り外しを繰り返してパッキンの摩耗や取手の緩みなどの劣化や耐久性をみてきましたが、今のところそれほど変化もなく、性能も維持しています。

使っている材料が温度の変化で若干の伸び縮みがあるので変化があるのかと思いましたが、きつくて入らない、緩くてグラつくもなく安定しています。

パッキンはいずれ摩耗して劣化していくものですが、新しいものに取り替えなくてもいいような方法も考えてあるので長く使っていただけると思います。

結露のことも考え、私が製作するものの中でいちばん手間がかかりますが、結露がほとんど出ないところや、性能重視でみた目も気にされない方には廉価版のようなものも考えています。
ご自身で製作する方法もあるので、それはまた後ほど紹介したいと思います。

そのほか、窓枠の深さがあまりないく、薄くしたいとか、重さを軽くしたいなど、要望があればできる限り対応したいと思っています。
住宅防音

ちょっとでも違いあり

窓の前に立て掛けた吸音パネル。

固定せず立て掛けて使用する場合は角度がつくので、側面に隙間ができます。

壁で使用し、アップライトピアノの後ろに設置したり、金物で固定すれば、隙間はほとんどなく設置できます。

私が設置した窓前の場合は、壁際と側面に隙間がでました。


この部分を塞ぐと効果も少し上がります。

吸音材や制振材の細かい端材で適当に塞いでみても違いがでます。


隙間があれば音は通るし、何もしていない部分には振動が伝わるので、これだけでも差があります。


木造住宅2階の6畳部屋で周波数測定をしてみるとこのようになりました。
部屋には窓が2箇所あり、片方だけに設置しています。

始めは窓を閉めてガラスだけの状態


吸音パネル2枚を並べて設置すると


更に隙間を塞ぐと

このような結果になりました。

小範囲の部分防音で効果を得るには、それなりに大事なことと思います。

二重サッシほどの効果はありませんが、事情があり設置できない場合はこのように使うこともできます。

まだこの他にも工夫の仕方があるので、また紹介しようと思います。


住宅防音

外からの見た目

窓用防音パネルと吸音パネルの裏面は白いので、外から窓を見た時は、それほど悪い見た目にはならないと思います。

窓用のパネルだとこのような見た目。



吸音パネルだとここのような見た目。



向の工場でモーターのようなフォォォーンみたいな音が24時間鳴っているのですが、窓ガラスだけだと音が気になります。

窓用パネル設置の部屋では全く気にならなくなります。
吸音パネルのほうも、並べて立て掛けてあるだけで、パネル裏に隙間がありますが、パネルのそばに行き耳を澄ますと少し聞こえる感じです。

感じ方には個人差がありますが、音の出入りは窓からが主なので、設置後の差は感じてもらえると思います。

動画撮影もしているのですが、このブログ内での投稿の仕方がよくわからないので、違った場所でお知らせしたり、販売開始後で購入希望の方にはメールで送るというような事も考えているところです。

住宅防音

騒音に対しての吸音パネルの効果

壁に立てかけて使う吸音パネルを窓の前に設置し、騒音に対しての効果を確認しました。


設置する相手が石膏ボードではなくガラスでも、効果があります。

遮音材を使っていないので低音の減りは少ないですが、それ以外は安定して減っています。

外で100デシベルを超える音を出して、部屋に入ってくる音を80デシベル以上にして約6畳の部屋中央で測定しました。(パネルから1.5メートルの距離)
部屋にはもう一つ窓がありますが、何もしていません。

窓際でパネル設置前の測定



部屋中央でパネル設置前の測定


窓の前にパネルを設置して測定


簡単な方法で一手間かけてからパネルを設置して測定

と、実測でこのような感じになりました。

パネルは最初に作った試作で実験していて、新たに作った試作ですと、後から遮音材がプラスできるようにしたので、低音から高音まで更に音をカットできるようになります。

賃貸で2重サッシが入れられないや、引っ越しする事を考えた場合でも、他に使い道があるので無駄になる事もないと思います。







住宅防音
プロフィール

防音職人2号

Author:防音職人2号
ようこそ!
防音工房-shin-真の篠木です。
2006年から住宅防音の設計、コンサルティング業者で専属施工担当(防音リフォーム)をしていた大工職人です。
長い現場経験からDIYでも工事の性能に近づけた防音パネルの製作をしています。
業者を呼んで簡易防音の工事をするならDIYでやってみてはいかがでしょうか。

🌐
❖ホームページ

❖インスタグラム
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
タグ

#簡易防音 #防音パネル #diy #音漏れ対策 #騒音対策 #壁の防音 #防音効果 #測定 #防音性能 #音漏れ #間仕切り壁 #diy防音 #実験 #防音壁 #吸音パネル #壁用 #窓の防音 #窓用パネル #楽器演奏 #バイオリン #防音室 #防音ドア #騒音 #防音材 #アップライトピアノ #吸音材 #防音 #子供の足音 #ドアの防音 #扉の改造 #床の防音 #遮音材 #試作品 #アレンジ #部分防音 #足音対策 #防音仕様 #上階の騒音 #製品データ #使用方法 #ピアノ 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ