FC2ブログ

やり方いろいろ

壁に直接防音材などを貼ったりできないようなところでは合板を使うなどして音漏れや騒音の対策ができます。

貼るものにより重さも増すこともあるので、床や壁に傷が付かないように工夫が必要になります。
範囲も広いほうが効果的なので並べると良いです。

これはひとつの例ですか、床や壁に傷付けないで天井までやりたいんだー、という場合は違う方法もあり、難易度も上がります。
使うもの、どこまでやるかなどで、いくつかの方法があります。

DIYでも工事でも方法はいくつかあるので、自分の目的や予算に合ったもの、または業者を選ぶことが重要だと思います。

音の問題で困っている方の焦る気持ちも分かります。
しかし焦ってしまったため失敗に繋がってしまったケースも多くあります。

製品も業者もたくさんあるので、焦らずにしっかりと対応してくれるところを探す努力をすれば、失敗のリスク回避に繋がっていくと思っています。

サイトなどの表面上で1つに絞らず、ピックアップして問い合わせしてみましょう。
問い合わせはどこも無料なのですから(^_^)








住宅防音
スポンサーサイト



ちょっとでも違いあり

窓の前に立て掛けた吸音パネル。

固定せず立て掛けて使用する場合は角度がつくので、側面に隙間ができます。

壁で使用し、アップライトピアノの後ろに設置したり、金物で固定すれば、隙間はほとんどなく設置できます。

私が設置した窓前の場合は、壁際と側面に隙間がでました。


この部分を塞ぐと効果も少し上がります。

吸音材や制振材の細かい端材で適当に塞いでみても違いがでます。


隙間があれば音は通るし、何もしていない部分には振動が伝わるので、これだけでも差があります。


木造住宅2階の6畳部屋で周波数測定をしてみるとこのようになりました。
部屋には窓が2箇所あり、片方だけに設置しています。

始めは窓を閉めてガラスだけの状態


吸音パネル2枚を並べて設置すると


更に隙間を塞ぐと

このような結果になりました。

小範囲の部分防音で効果を得るには、それなりに大事なことと思います。

二重サッシほどの効果はありませんが、事情があり設置できない場合はこのように使うこともできます。

まだこの他にも工夫の仕方があるので、また紹介しようと思います。


住宅防音

外からの見た目

窓用防音パネルと吸音パネルの裏面は白いので、外から窓を見た時は、それほど悪い見た目にはならないと思います。

窓用のパネルだとこのような見た目。



吸音パネルだとここのような見た目。



向の工場でモーターのようなフォォォーンみたいな音が24時間鳴っているのですが、窓ガラスだけだと音が気になります。

窓用パネル設置の部屋では全く気にならなくなります。
吸音パネルのほうも、並べて立て掛けてあるだけで、パネル裏に隙間がありますが、パネルのそばに行き耳を澄ますと少し聞こえる感じです。

感じ方には個人差がありますが、音の出入りは窓からが主なので、設置後の差は感じてもらえると思います。

動画撮影もしているのですが、このブログ内での投稿の仕方がよくわからないので、違った場所でお知らせしたり、販売開始後で購入希望の方にはメールで送るというような事も考えているところです。

住宅防音

仕上げた壁の防音パネル

実験している部屋は空調はなく、夏と冬の温度差はかなりあります。

使用している防音材は劣化する事がほとんどありませんが、パネル類は木材も使用しています。

木材も変化の起こりにくいものを使っていますが、温度や湿度で隙間ができたり割れなどがないか常にチェックをしています。

写真はアレンジしたパネルで木材は露出していませんが、素のパネルの様子を見る限り問題は無いでしょう。

パネルの上に穴あきボードを貼った壁も何の問題もありません。


石油の値が上がると遮音マット類の値上げがあると思うので、そこだけが心配です。

住宅防音

騒音に対しての吸音パネルの効果

壁に立てかけて使う吸音パネルを窓の前に設置し、騒音に対しての効果を確認しました。


設置する相手が石膏ボードではなくガラスでも、効果があります。

遮音材を使っていないので低音の減りは少ないですが、それ以外は安定して減っています。

外で100デシベルを超える音を出して、部屋に入ってくる音を80デシベル以上にして約6畳の部屋中央で測定しました。(パネルから1.5メートルの距離)
部屋にはもう一つ窓がありますが、何もしていません。

窓際でパネル設置前の測定



部屋中央でパネル設置前の測定


窓の前にパネルを設置して測定


簡単な方法で一手間かけてからパネルを設置して測定

と、実測でこのような感じになりました。

パネルは最初に作った試作で実験していて、新たに作った試作ですと、後から遮音材がプラスできるようにしたので、低音から高音まで更に音をカットできるようになります。

賃貸で2重サッシが入れられないや、引っ越しする事を考えた場合でも、他に使い道があるので無駄になる事もないと思います。







住宅防音
プロフィール

防音職人2号

Author:防音職人2号
ようこそ!
防音工房-shin-真の篠木です。
2006年から住宅防音の設計、コンサルティング業者で専属施工担当(防音リフォーム)をしていた大工職人です。
長い現場経験からDIYでも工事の性能に近づけた防音パネルの製作をしています。
業者を呼んで簡易防音の工事をするならDIYでやってみてはいかがでしょうか。

🌐
❖ホームページ

❖インスタグラム
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
タグ

#簡易防音 #防音パネル #diy #音漏れ対策 #騒音対策 #壁の防音 #防音効果 #測定 #防音性能 #音漏れ #間仕切り壁 #diy防音 #実験 #防音壁 #吸音パネル #壁用 #窓の防音 #窓用パネル #楽器演奏 #バイオリン #防音室 #防音ドア #騒音 #防音材 #アップライトピアノ #吸音材 #防音 #子供の足音 #ドアの防音 #扉の改造 #床の防音 #遮音材 #試作品 #アレンジ #部分防音 #足音対策 #防音仕様 #上階の騒音 #製品データ #使用方法 #ピアノ 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ