FC2ブログ

立てかけ吸音パネルの実験

立てかけ吸音パネルと天壁兼用の吸音パネルを合わせた壁1面の防音で、壁裏にどのくらい音漏れするかを測定しました。

DIY製品で1面のみの部分的な実験をやっているところはほとんどありません。
6面で出た効果が1面で出るわけもなく、効果が出せないからだと思います。

6面全てに防音材を設置すれば高めの防音効果が出ますが、その効果を見て勘違いし、失敗している方もいるのでやっています。

この実験は間仕切り壁や境壁1面の防音を想定してやったものです。


動画はインスタグラムに投稿してあります。
▼インスタグラム
https://www.instagram.com/otoreform/

いろんな音で試していて、幾つか続けて投稿するのでチェックしてください。

楽器は買ったが防音室を作る余裕がない方は、この様な形で始めていくのも良いと思います。


動画の説明にあるように、測定している部分が1番薄く弱い部分なので、音漏れも他の5面より大きくなります。

囲いも特別気密性が高いわけでもなく、裏面のボードも寸足らずで覆いきれていないので、そこからの漏れも大きいです。

本来ならボード1枚ではなく、間仕切り壁か外壁になるのでそれぞれの構造により若干効果が上がります。

遮音材を使っていないので低音域はそれほど下がりませんが、中~高音域はある程度下げることができます。

効果が足りなければ、立てかけ吸音パネルの裏に遮音マットが貼れるので、性能をアップする事も出来ます。そうする事でノーマルの壁用防音パネルよりも高い性能となり、小さな範囲の部分防音に使うには効果的になります。

まずは立てかけ吸音パネルの設置から始める→遮音性能をプラスする→パネルまわりに天壁兼用の吸音パネルを設置する。のように、効果の様子や予算の都合を見ながら進めていく事も可能です。
設置範囲を広げたり、床の防音を合わせて相乗効果を得ることもできます。

1度貼りつけて効果が無く、その後どうにもしようがなければ完全な失敗となってしまうので、後に繋げていける製品を求めるほうが無駄も少なくなります。

当方の実験でお見せしているものは全て厳し目に行っています。
何故かというと、効果を最大限引き出す実験にしてしまうと、実際に住まいに設置した時に実験よりも効果が下がるためです。
実験と同じ環境にしなくては同じ効果が出ないからです。

その為、ほとんど何処の製品を使っても発表されているような効果は出ずに概ね下がります。
この部分を勘違いして失敗する方も多いです。

当方はそのギャップを小さくするためと、DIYなので人によって得意、不得意もあることも考えています。
どちらかというと、不得意な方寄りになるように考えて行っています。
キッチリ施工できる方は同等以上の効果が出る可能性も上がります。


他所の実験を見たことにより失敗している方もいます。
気密性の高い箱を使い、6面全て断熱材、吸音材を付け密封するものです。
DIYでは既存の天井、壁、床の上から施工する事が多く、窓やドアもあるため、そのような箱の実験のように高い効果は出ません。
床の上から断熱材、吸音材を敷いて生活はできないし、壁には窓やドアがあるので実際には音の抜ける場所もあるからです。

もうひとつ同じような箱の実験で、隙間なく断熱材や吸音材を詰めて、ハムスター1匹が入るような小さなスペースを作り、そこに音の出るものを入れて塞ぐものです。
これも部屋の中がほぼ断熱材や吸音材で、人間にとって畳1畳分のスペースしか無いのと変わりません。

あとは出す音も防犯ブザーのような一定の音(周波数)しか出ないものでやっているものは本当の効果は分かりません。
その音域だけ大幅に下がっていても、他の音域は同じようには下がってはいません。

最高マイナス○○デシベルと言っても、ある音域で減っているだけと思ってください。
自分が減らしたい音が、その音域と合っていなければ失敗する可能性は大きくなるので気をつけましょう。


DIYの防音は説明不足や無責任な人の誤情報も多く落とし穴が潜んでいます。
情報を鵜呑みにせずにいろいろ調べてみることも大事です。
問い合わせできないようなところは避け、自分に合ったものを焦らず探すことが重要だと思います。

▼お問い合わせ・ご相談

https://www.bouon-kobo-shin.com/contact


住宅防音
スポンサーサイト



窓用防音パネルの実験②

窓用防音パネルの実験で騒音対策として使った場合の実験動画を投稿しました。


前回は、部屋で楽器やステレオなどで音を出した場合に外に漏れる音を測定していますので、併せてご覧ください。
動画▼
https://www.instagram.com/otoreform/


前回は音楽をかけて測定しましたが、今回は周波数別の音を出して測定しています。
実験部屋は騒音も少なく、騒音といえば工場のモーター音だけで決まった周波数の音しか出ていない為です。
ブサーなど一定の周波数しか出していないもので実験しても意味はありません。
その為、パネル設置後も部屋に音が入ってるように大きな音を出し、サッシのガラスのみとパネル設置後で入ってくる音の差を測定して効果を見ます。

測定条件は前回と変わりなく、サッシのガラスは単板3ミリで、ガラスとパネルの空気層は左側で6センチ、右側で3センチ5ミリです。
ガラスから1.3メートルで測定しています。

周波数の測定と騒音計で測定してみました。

簡単に実験結果を説明すると、
低音域でマイナス約7~約20デシベル
中音域でマイナス約20~約35デシベル
高音域でマイナス約35~約40デシベル
となりました。
騒音対策で使っても、部屋からの音漏れでもほぼ同じ性能です。

最高デシベルなんて言うと、音の種類に関係なくそのくらい減ると勘違いする人がいるのは当たり前の話で、そういう人が失敗した、騙されたと思うのです。どの部分の防音も一緒です。
最大何デシベル減衰すると言っても、漏らしたくない音や防ぎたい音が最大値で減るわけではありません。

ここまで正直にデータを公表しているところはないと思います。
理由は、実際の住宅で測定すると発表値より効果が下がるからです。
効果を最大限に引き出す実験と一般の人が住む住宅は同じではないからです。

注意しなくてはならないのは、何処に設置しても同じ効果ではないということです。


パネルの性能は大きさが変わっても同じですが、条件が変われば効果は高まったり下がったりもします。

家の構造やガラスの厚み、パネルとの空気層、空気で伝わってくる音や振動で伝わってくる音で効果の出方も変わってきます。

宣伝文句や数値を鵜呑みにせずに問い合わせしてみるのが一番良いと思います。
都合の悪いことを言わないところはかなりあるので注意してください。

窓用防音パネルは二重サッシと違い、薄い防音壁を窓枠に嵌め込む製品です。
デメリットとしては遮音材を使用しているため窓の大きさによっては重くなること。
開閉式ではないので取り付け取り外しがあることです。

メリットとしては、ふかし枠を取り付けないと二重サッシが設置できないような枠の幅(有効寸法)がない場所でも設置できる。(最低4センチ必要)
通常のカーテンのように光が漏れてこないので、シアタールームのような部屋には向いていると思います。
賃貸で二重サッシが設置できない場所では最適です。

また、性能はそのままで価格を抑えた廉価版モデルの製作も可能です。
仕様変更で少し軽くしたり薄くするなども可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

▼お問い合わせ

https://www.bouon-kobo-shin.com/contact





住宅防音

窓用防音パネルの実験①

窓用防音パネルの実験動画を投稿しました。
動画はインスタグラムでご覧下さい▼
https://www.instagram.com/otoreform/

この動画は、楽器、声楽やステレオなどで音を出した場合、どのくらい音漏れを抑えられているかの実験です。

条件は以下の通りになります。
•音源は90デシベル強
•音源からサッシのガラス面までの距離(左側)1.3メートル
•ガラスは単板3ミリ
•枠の奥行き5センチ(設置幅)
•パネル設置時のガラスとの空気層
左側:6センチ 右側:3センチ5ミリ


実験では一応、騒音計を使っていますが、外に出た時には環境音を拾ってしまい正確には測定できないので、漏れてくる音を目安にした方が分かりやすいです。

動画を見て頂ければ分かる通り、効果的には十分あり、二重サッシを設置できないところでは役立ちます。

二重サッシと違うところは、ガラスではなく薄い防音壁を設置するという感じになります。
パネルに厚みがあり、枠の奥行きにより空気層は少ないですが、一般的な二重サッシと同じくらいの性能です。

効果の出方は条件により変わってきます。

次回、騒音対策で使った場合の実験をした時に、各周波数で効果を見て、もっと詳しく書きたいと思います。


窓用防音パネルは価格を抑え、性能は変わらない廉価版モデルもありますので、問い合わせ、相談はお気軽にしてください。


問い合わせ、相談▼

https://www.bouon-kobo-shin.com/contact








住宅防音

壁用防音パネルの実験②

動画はインスタグラムでご覧下さい。
https://www.instagram.com/otoreform/

今回は騒音対策で使って場合の実験です。

楽器などの音漏れ実験とほとんど変わらない効果となっています。

細かい部分の作業で少し効果に差が出ますが、基本的には壁に並べて設置するだけで効果は出ます。

遮音材をパネルに足したり、仕上げ材も貼れるので、その方法で効果アップもできます。

前回の音漏れ実験を見ていない方はそちらのほうもご覧になってください。

前回の実験の記事はこちら▼

http://bouondaiku.blog.fc2.com/blog-entry-292.html?sp



住宅防音

壁用防音パネルの実験

動画はインスタグラムに投稿してありますので、このブログと併せてご覧ください。

インスタグラム▼
https://www.instagram.com/otoreform/


今回は音を出す立場の人向けで、パネルの囲いからどのくらい音が漏れるかを確認してみました。

普通なら効果を最大限に引き出し、それを見せて終わるのが1番良いと思いますが、そこに失敗の落とし穴が潜んでいるので、あえて完璧にはせずに実験をしました。

他ではあまり説明されない事を以下に書いておきましたので、役立てば幸いです。


実験やグラフで示された効果は、製品のもつ特性であって、どの部屋に設置しても同じ効果が出るというわけではありません。

動画を見れば分かると思いますが、人の住めるような形ではありません。
入り口も無ければ窓もありません。
動画はなるべく住宅に近づける形にしていますが、中には床面まで吸音材を置いている場合もあります。家具なども置けないし人の住む部屋から遠ざかっている実験もあります。

実際に住宅に設置すると、防音されていない部分から音漏れが起こるので、そこから本来の効果が削られていくと考えるのがよいと思います。

そのため部分的防音になると、範囲が小さい程、音が逃げる部分が大きいので、本来の効果を出すのは難しくなります。

動画では天井を除いた全てを防音しているので、天井部分からの音漏れが1番大きいということです。(パネルのつなぎ目からも若干漏れています)
そこから漏れる音が間取りや構造によって大なり小なり伝わっていくと考えてください。

防音は小さな部分的ではなく、なるべく大きい範囲でやるほうが効果も出やすくなります。
理想は部屋全体を防音するのがベストですが、予算の事もあるのでなかなか難しいと思います。
DIYでは予算に合わせて優先すべき所から後の事を考えてやっていくのが良いです。

こういった事が分かっているのかいないのか、説明しているところは余りないです。
DIYとなると工事とは違い細かい部分の防音が困難なので余計に大事な事だと思います。
大きな効果を演出して手軽さをアピールしているので、勘違いする人も多いのです。

効果が無く泣き寝入りの方を何人も見ています。


私は現場に出て長年やってきたので、そういった部分を工夫してDIYでも効果が少しでも上がるように考えながらやっています。
予算的な事も考え、後に繋がるように提案も行っております。

失敗しないように言いたい事はたくさんありますが、長くなるのでポイントを幾つか挙げておきます。

◉防音の範囲は大きい程良い。

◉全ての部屋に同じ効果が出るわけではない。

◉製品データは部屋全体を防音した時に、データに近い効果が出ると考えたほうがよい。

◉最高マイナス○○デシベルはあてにならない。
大きく減衰するのは高音側のため、低音はそれほど減衰していない。
周波数で低音から高音まで見るのが大事。

◉軽い材料では遮音しない。
遮音するには重たい材料(密度が高いもの)が必要。


目的に合ったものを探すには、焦らずなるべくたくさん問い合わせをして良い製品やノウハウを持っているところを探しましょう。

次回の実験は同じ条件で、騒音など音を聞く立場の人向けの動画を投稿をする予定です。


他で購入したもので効果が出ずに相談してくる方もおられます。
それを無駄にしないような提案も行っておりますので、お気軽にご相談ください。


お問い合わせ、ご相談▼

https://www.bouon-kobo-shin.com/contact
























住宅防音
プロフィール

防音職人2号

Author:防音職人2号
ようこそ!
防音工房-shin-真の篠木です。
2006年から住宅防音の設計、コンサルティング業者で専属施工担当(防音リフォーム)をしていた大工職人です。
長い現場経験からDIYでも工事の性能に近づけた防音パネルの製作をしています。
業者を呼んで簡易防音の工事をするならDIYでやってみてはいかがでしょうか。

🌐
❖ホームページ

❖インスタグラム
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
タグ

#簡易防音 #防音パネル #diy #音漏れ対策 #騒音対策 #壁の防音 #防音効果 #測定 #防音性能 #音漏れ #間仕切り壁 #diy防音 #実験 #防音壁 #吸音パネル #壁用 #窓の防音 #窓用パネル #楽器演奏 #バイオリン #防音室 #防音ドア #騒音 #防音材 #アップライトピアノ #吸音材 #防音 #子供の足音 #ドアの防音 #扉の改造 #床の防音 #遮音材 #試作品 #アレンジ #部分防音 #足音対策 #防音仕様 #上階の騒音 #製品データ #使用方法 #ピアノ 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ