FC2ブログ

なぜこの形にしたのか


壁用防音パネルがこの形になったのは、他業者の防音工事の失敗、DIYでの失敗、施工経験から考えて製作しました。
どの部分で失敗し、何が足りないかなど、いろいろ見てきてたので、それが元になっています。


①遮音マット、シートをDIYで貼るには難しい。

遮音材は性能が高くなるほど重たくなるので、腕力と技術が少し必要になります。
床では敷く形になるのでそれほど苦労しませんが、壁の場合は慣れないと上手くいきません。

厚さ1.2ミリほどのロールタイプで天井から床まで伸ばして貼るのも、経験していないと少し難しいと思います。
私が使っている遮音材は2.4ミリと3ミリで、ロールタイプではありませんが、工事で使ものは3ミリのほうが91センチ角で5Kg近くあります。
2.4ミリのほうは同じ大きさで3ミリよりも重たいです。
柔軟性もあるので隙間なく綺麗に貼るのはとても苦労すると思います。

壁用防音パネルはそれらのことを考えて、工事で使う約1/4の大きさをパネル裏全体に入れてあります。
なので、パネルを4枚を並べれば真物を1枚貼ったのと同じになり、腕力のない方でも簡単に出来るようになっています。


②吸音材を壁に直接貼ると、汚れた時や物が引っかかって毛羽立った時に取り替えが面倒。

吸音材を壁に直接貼っても良いのですが、時間が経てば多少は汚れて変色もするし、物が引っかかって毛羽立つと元には戻りません。
両面テープやボンドで貼ってあると取り替えるのも面倒です。

壁用防音パネルは、枠にはまっている形なので、そのような時も取り替えが楽になりす。
生地などで覆ってセットすれば、汚れも付かず生地の洗濯もしくは取り替えだけになり、吸音材を擦ったりすることもないので毛羽立つ心配もありません。

パネルには枠があるので、直接貼った時よりは吸音材の面積は少し小さくなりますが、その分は後から性能アップできるようにしてカバーしてあります。


③効果や仕上げなどの伸び代。

DIYでは購入したものを直接貼って終わるということが多いと思います。

パネルの場合は、並べて設置する事でパネル枠が合板などの仕上げ材を貼る下地になります。
遮音性能のアップもでき、見た目も好きに仕上げが出来るように幅を持たせてあります。


④手間を減らして簡単にする。

防音性能を高める為には1種類の防音材では難しく、ほかの種類の材料との組み合わせで効果を上げていきます。

壁用防音パネルは4行程分がひとつになっており、並べて設置するだけで、木下地、吸音、遮音、制振の作業ができます。
DIYがあまり得意でなかったり、防音の知識がない方でも、比較的簡単に設置することができます。


⑤DIYを楽しむ

DIYなので最終的な見た目を拘る方もいると思うことから、防音の作業は当方、最終的な仕上げはご自身でできるように考えました。

壁紙仕上げで設置前と変わらない雰囲気にするもよし、楽器演奏なら有孔ボードを貼るもよし、レンガ調のシートでも良いですし、杉板などで仕上げることもできるのでDIYでやるなら楽しんで頂きたいと思っています。


主にこのようなことを考えて製作した防音パネルになります。

ご希望の仕上げが出来るかどうか心配などございましたら、お気軽にお問い合わせください。


壁用防音パネルのページ

https://www.bouon-kobo-shin.com/wallpanel



お問い合わせ

https://www.bouon-kobo-shin.com/contact

住宅防音
スポンサーサイト



いっぺんに注文しないのがコツ

壁用防音パネルをどのように設置していけばよいのか?
失敗のリスクを最小限にするためのコツを書きたいと思います。

ホームページの設置方法と合わせご覧ください。


最初にA~Cタイプの中からご希望の大きさを選びます。
次に選んだタイプがご自宅の壁に何枚必要かを出します。
壁際、天井際は選んだタイプで入らなかったり、少し大きくないと足りないなどの場合があるので、その分は初めの注文でせずに、後にオーダー注文をしてください。
そうすることで、寸法間違いも起こらず上手くいくと思います。
(例:Aタイプ45.5センチ角を巾木の上から設置)


ここで注意することは、仕上げ材を床面から貼るかどうかになります。
後に仕上げ材を貼ることを考える場合は注意してください。

パネルは各タイプとも、合板などを貼れる下地にもなります。

巾木の上からパネルを設置し、床面から仕上げ材を貼る場合は、☆印の1枚目のパネルから巾木分の寸法をマイナスして注文してください。

もうひとつの注意点は、ドアなどの扉との絡みです。
パネルの厚みでドアなどの扉が全開できなくなる場合もありますので、よく確認してください。


これを踏まえて、窓やドアなどがある壁について説明します。

窓があったりする場合は2~3回に分けて注文することをお勧めします。

写真のような壁の場合、1回目の注文でここまででにしておきます。(Aタイプ+オーダー製作で、巾木の上から設置しています。窓の両サイドの1枚目は巾木分の寸法をマイナスしてあります。)

残りの部分の寸法を個別に測り、2回目に注文してもらえれば上手くいくと思います。

窓の上下は、仕上げ材を貼る場合には中心から振り分けて設置すれば綺麗に仕上がると思います。
仕上げ材を貼らない場合は、左寄せ、右寄せで設置して、最後の1枚を注文していただいてもよいです。



巾木部分は遮音マット又は遮音シートと合板を使って、パネルの厚みと同じにします。


仕上げを貼って完成です。






壁用防音パネルは基本的には何処から設置しても構いませんので難しく考える必要はありません。
綺麗に並べることだけ集中すれば、効果はきちんと出るので、ご自身の思うように設置すればよいと思っています。

壁1面ではなく部分的に設置するにしても、薄い防音材や軽い防音材を部分的に設置するよりも高い効果が期待できます。

賃貸で使いたい場合、エアコンがあったりする場合も多いと思いますので、そんな場合はホームページのお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。



ホームページの設置説明

https://www.bouon-kobo-shin.com/manual


お問い合わせ•ご相談

https://www.bouon-kobo-shin.com/contact








住宅防音

壁用となっているけれども

壁用防音パネルはその名のとうり壁用なのですが、壁以外に使うことも考えて製作しています。

基本は壁に直接並べて貼るもので、賃貸物件や壁に直接貼るのに抵抗がある方にも合わせた設置方法を考えてあるものです。
もう一つの特徴として、防音性能をアップすることができることと、仕上げが自分好みにできるという点です。

壁以外の使い方は、少し難易度は上がりますが、多くの方がDIYでできると思います。
どこにどのように使うかは、ホームページ開設後に画像など含めて説明したいと思います。

勘の良い方ならピンと来たのではないでしょうか(*^_^*)




住宅防音
プロフィール

防音職人2号

Author:防音職人2号
ようこそ!
防音工房-shin-真の篠木です。
2006年から住宅防音の設計、コンサルティング業者で専属施工担当(防音リフォーム)をしていた大工職人です。
長い現場経験からDIYでも工事の性能に近づけた防音パネルの製作をしています。
業者を呼んで簡易防音の工事をするならDIYでやってみてはいかがでしょうか。

🌐
❖ホームページ

❖インスタグラム
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
タグ

#簡易防音 #防音パネル #diy #音漏れ対策 #騒音対策 #壁の防音 #防音効果 #測定 #防音性能 #音漏れ #間仕切り壁 #diy防音 #実験 #防音壁 #吸音パネル #壁用 #窓の防音 #窓用パネル #楽器演奏 #バイオリン #防音室 #防音ドア #騒音 #防音材 #アップライトピアノ #吸音材 #防音 #子供の足音 #ドアの防音 #扉の改造 #床の防音 #遮音材 #試作品 #アレンジ #部分防音 #足音対策 #防音仕様 #上階の騒音 #製品データ #使用方法 #ピアノ 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ