FC2ブログ

窓用防音パネルの仕上げ

窓用防音パネルは通常版、廉価版、共に表面(部屋側)は普通合板仕上げになっています。

何故このような形にしたのかというと、ひとつは当方で価格を出来るだけ抑える為、もうひとつはお客様自身でDIYで好きなように仕上げてもらおうと思っているからです。

好みも人それぞれだし、私自身、人と同じというのが好ましく思わないタイプで、何かしらのアレンジを加えて『これは俺のものだ!』と分かるようにしているからです。

自分好みに仕上げたいけど、DIYで出来そうもない場合はご相談ください。

それでは仕上げについて幾つか出してみます。

①クロス(壁紙)を貼る
今はのり付きのものが普通に購入できるので、いちばんお手軽で簡単だと思います。

②生地を貼る
生地をカットした時に繊維のほつれがあったりするので、生地によっては少し難しいかもしれません。
そんな場合は、薄い合板に一度巻き込むように貼ってからパネル表面に取り付けてやることもできます。

③木目シート、タイルシートなどを貼る
いろいろな色や模様があります。
粘着剤が付いているものが多いので、壁紙と同じくらい簡単です。

④ペンキを塗る
これもそんなに難しくないと思います。
絵を描くのだって悪くないですよね。

⑤制振フェルト又は吸音材を貼る
これは若干の効果UPが期待できます。
音の反射が強い部屋では有効だと思います。

ざっとこのような感じでどれもそれほど難しくないと思います。

①~⑤以外にもまだ出来ることは色々あると思いますので、自身のやりたい方法が出来るかどうか不安な場合はご相談ください。


次は廉価版の裏面についてです、
廉価版は裏面も普通合板で結露対策がされていないので、結露が多いところでは工夫が必要です。

①プラダンを貼る
これだけでだいぶ違います。
色も幾つかあるので好みのものを貼ってください。
安いものは薄く、日当たりの良い場所では劣化も早いので、なるべく厚みがあり硬いものを使うほうが良いと思います。

②ポリカーボネートを貼る
これは屋根などにも使われていることから、プラダンよりもかなり長持ちします。

③ビニールシートを貼る
色や模様も豊富なのでテーブルクロスでも良いと思います。
外からの見た目も良くなりそうです。

①、②、③それぞれガラスのほうにも結露対策をするのも良いと思います。


製作するにあたって以上のような考えが元になっています。
性能(効果)は当方できちんと出るようにして、購入者がDIYで好きなようにアレンジするというのがコンセプトです。
壁用防音パネルも同様の考えで製作しています。
▼壁用防音パネルの仕上げについてはこちら

http://bouondaiku.blog.fc2.com/blog-entry-314.html?sp

お客様同士でアレンジしたものを見せ合って情報交換なんかできると面白いかななんて思っていますが、もっと世に出さないとってところですね。



お問い合わせ・ご相談

https://www.bouon-kobo-shin.com/contact


住宅防音
スポンサーサイト



お客様の感想

先日、1枚タイプの窓用防音パネルをご購入されたお客様から、一晩使った感想をメールでいただいたので、元文のまま紹介したいと思います。

幹線道路沿いの都内マンション2階に住んでおられる方で、夜間うるさくて眠れないということでした。
換気口からの音も気になるということで、窓と換気口の両方を対策する事にしました。

このお客様はインスタグラムの実験とホームページを見てお問い合わせくださいました。
道路の騒音でも効果はありますか?ということで、状況を聞き、私の実験している部屋よりも高い効果が期待できると説明させていただきました。



○お客様の感想
(説明した工法、お客様氏名は消しています)

篠木様

お世話になっております。
昨日到着し、再配達できましたので1日早く受け取りできました!

早速設置して一晩過ごした感想ですが、かなり静かになったと思います。
窓パネルは設置した瞬間にスッと音が小さくなったのでかなり感動しました。
換気口パネルもすべて設置したところ、
夜テレビを見ていても気になっていた車の騒音が、
ほとんど気にならないくらいになったので設置した効果を実感しています。
寝る前のシーンとした空間ではまだ車の音がしますが、
それでも全体的に音が小さくなったことを感じています。

不器用なので取手の取り付けに苦労しましたが、
電動ドライバーがあったのでなんとか取り付けられました。
設置はこのぐらいの重さであれば女性一人でも問題ありませんでした。
換気口のほうは、●●●●●●●●●●ので
アドバイスいただいた通り、●●●●●●●●●●みました。
防音効果もこちらのほうが高いように思います。

設置前、設置後、カーテンをしめた後の窓の写真と、
換気口の写真を添付します。
サイズぴったりでカーテンを閉めたら全くわからなくなりました。





引っ越し後、音が気になってかなり憂鬱な気持ちになっていたのですが、
かなり軽減することができました。
いい買い物をしたと思い、大変満足しています。
この度はいろいろと相談に乗っていただきありがとうございました!

○○○○(お客様氏名)
ーーーーーーーーーーーーーーー

予想通り上手くいき喜んでもらえたので良かったです。

製品を売るだけの知識のないところでは、状況的に効果が出なくても静かになると嘘をついて売ることも実際に存在します。

私は長い施工経験から住宅防音を学んだので、ご相談時に状況を話してくだされば合わせた対策をします。
製品は今までの経験からバランスを考え製作し、実験を行い改良を重ねています。
予算などのことから工法も幾つか提案できるので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

防音工房-shin-真
お問い合わせ▼

https://www.bouon-kobo-shin.com/contact



住宅防音

1枚窓用の防音パネル

今回、引き違い(2枚1組)の窓ではない1枚窓用の注文が入り製作しました。

二重サッシを入れる方のほうが多いと思っていたので、それほど数は出ないだろうと思っていたのですが、インスタの動画などを見ていただいたりして予想より出ています。
戸建て、賃貸も関係なく、そこも予想とは違ってます。
ある程度予想通りなのは、皆さん廉価版を希望されるというところです。
防音なので性能重視ということでうなずけます。

今のところホームページに廉価版は記載されていませんが、只今準備中なので公開したらまたお知らせしようと思います。
今は見積もり時に両方出しています。


注文のパネルはマンションに住む方からで、道路の騒音対策です。

引き違いタイプと違うところは分割されていないので、はめ込む時に窓枠内の空気の逃げ場がなく少しキツイような感じがします。
はめ込みの時に底の方から空気がプシューと漏れてくるくらいなので気密性も引き違いタイプに比べて高くなります。

窓枠の深さ(奥行き)も十分で壁がコンクリートということもあり、実験動画よりも高い効果が出るでしょう。


窓の対策と合わせてレジスター(換気口)の対策もしました。
お客様も気にしていたので間違いなく音が入ってきていると思います。

レジスターも穴の径やカバーが外れる、外せないなどいろいろありますが、状況に合わせて考えています。
今回はプッシュ式で蓋は外せますが本体は外れないものでした。

換気口の防音材もホームページに掲載する予定です。
今のところ防音パネルご注文の方には無料で差し上げています。(1カ所分)

せっかく窓や壁を防音しても、換気口が元のままならそこから筒抜けになってしまうので窓や壁の防音と一緒に対策することをお勧めします。


レジスター部分だけをご希望の方、その他のご相談はホームページのお問い合わせフォームからお願いします。


お問い合わせ▼

https://www.bouon-kobo-shin.com/contact
住宅防音

窓用防音パネルの廉価版モデル

窓用防音パネルは、性能は落とさず価格を抑えた廉価版モデルも製作可能です。


異なる部分は、
•表面、裏面とも普通合板仕上げで合板の縁の見切り無し

•木口テープでの表面の縁、側面の化粧無し

以上の2点です。

性能重視で少しでも安くしたいのであれば、廉価版モデルをお勧めします。

表面は縁無しですが、クロス(壁紙)を貼ることも出来ます。
設置面、側面は簡単な防水加工がしてあります。
裏面はポリエステル化粧板ではないので、結露がある場合には、合板部分にナイロン製のシートを貼ったり、ガラスに結露防止シートを貼るなどで対応できます。



裏面をポリエステル化粧板にするなど、部分的な仕様変更もできます。

立てかけ吸音パネルも廉価版モデルを考えていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ▼
https://www.bouon-kobo-shin.com/contact






住宅防音

廉価版の製作

窓用防音パネルは掃き出し窓のような大きな窓以外は製作いたします。

今回入った注文もホームページの掲載の最大サイズより少し大きなサイズです。
大きなサイズは材料が足りない分、追加費用がプラスになります。

製作に時間がかかるので価格もそれなりですが、性能は変わらず見た目が簡素な廉価版の製作が可能です。
結露もなく見た目も気にしないのであれば、お問い合わせ時に廉価版希望とお知らせください。
価格もそれなりに安くなります。

只今製作中の窓用防音パネルも廉価版です。

騒音対策でほとんど窓を開けずにカーテンを閉めておくらしく、廉価版で十分とのことでした。

騒音の正体は田んぼで鳴くカエルという珍しい依頼でした。
かなりうるさいらしく、効果も気にされていたので、簡単に実験したものを撮影して送ったところ、すぐに注文となりました。

その動画はインスタグラムに投稿してあるので、気になる方は見てください。
https://www.instagram.com/otoreform/

廉価版の完成写真も後で投稿したいと思います。

住宅防音
プロフィール

防音職人2号

Author:防音職人2号
ようこそ!
防音工房-shin-真の篠木です。
2006年から住宅防音の設計会社で専属施工担当(防音リフォーム)をしていた大工職人です。
長い現場経験からDIY でも高い効果が得られる防音パネルの製作をしています。
業者を呼んで簡易防音の工事をするならDIYでやってみてはいかがでしょうか。

🌐
❖ホームページ

❖インスタグラム
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
タグ

#簡易防音 #防音パネル #diy #音漏れ対策 #騒音対策 #壁の防音 #防音効果 #測定 #防音性能 #音漏れ #間仕切り壁 #diy防音 #実験 #防音壁 #吸音パネル #壁用 #窓の防音 #窓用パネル #楽器演奏 #バイオリン #防音室 #防音ドア #騒音 #防音材 #アップライトピアノ #吸音材 #防音 #子供の足音 #ドアの防音 #扉の改造 #床の防音 #遮音材 #試作品 #アレンジ #部分防音 #足音対策 #防音仕様 #上階の騒音 #製品データ #使用方法 #ピアノ 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ