FC2ブログ

窓用防音パネルの実験②

窓用防音パネルの実験で騒音対策として使った場合の実験動画を投稿しました。


前回は、部屋で楽器やステレオなどで音を出した場合に外に漏れる音を測定していますので、併せてご覧ください。
動画▼
https://www.instagram.com/otoreform/


前回は音楽をかけて測定しましたが、今回は周波数別の音を出して測定しています。
実験部屋は騒音も少なく、騒音といえば工場のモーター音だけで決まった周波数の音しか出ていない為です。
ブサーなど一定の周波数しか出していないもので実験しても意味はありません。
その為、パネル設置後も部屋に音が入ってるように大きな音を出し、サッシのガラスのみとパネル設置後で入ってくる音の差を測定して効果を見ます。

測定条件は前回と変わりなく、サッシのガラスは単板3ミリで、ガラスとパネルの空気層は左側で6センチ、右側で3センチ5ミリです。
ガラスから1.3メートルで測定しています。

周波数の測定と騒音計で測定してみました。

簡単に実験結果を説明すると、
低音域でマイナス約7~約20デシベル
中音域でマイナス約20~約35デシベル
高音域でマイナス約35~約40デシベル
となりました。
騒音対策で使っても、部屋からの音漏れでもほぼ同じ性能です。

最高デシベルなんて言うと、音の種類に関係なくそのくらい減ると勘違いする人がいるのは当たり前の話で、そういう人が失敗した、騙されたと思うのです。どの部分の防音も一緒です。
最大何デシベル減衰すると言っても、漏らしたくない音や防ぎたい音が最大値で減るわけではありません。

ここまで正直にデータを公表しているところはないと思います。
理由は、実際の住宅で測定すると発表値より効果が下がるからです。
効果を最大限に引き出す実験と一般の人が住む住宅は同じではないからです。

注意しなくてはならないのは、何処に設置しても同じ効果ではないということです。


パネルの性能は大きさが変わっても同じですが、条件が変われば効果は高まったり下がったりもします。

家の構造やガラスの厚み、パネルとの空気層、空気で伝わってくる音や振動で伝わってくる音で効果の出方も変わってきます。

宣伝文句や数値を鵜呑みにせずに問い合わせしてみるのが一番良いと思います。
都合の悪いことを言わないところはかなりあるので注意してください。

窓用防音パネルは二重サッシと違い、薄い防音壁を窓枠に嵌め込む製品です。
デメリットとしては遮音材を使用しているため窓の大きさによっては重くなること。
開閉式ではないので取り付け取り外しがあることです。

メリットとしては、ふかし枠を取り付けないと二重サッシが設置できないような枠の幅(有効寸法)がない場所でも設置できる。(最低4センチ必要)
通常のカーテンのように光が漏れてこないので、シアタールームのような部屋には向いていると思います。
賃貸で二重サッシが設置できない場所では最適です。

また、性能はそのままで価格を抑えた廉価版モデルの製作も可能です。
仕様変更で少し軽くしたり薄くするなども可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

▼お問い合わせ

https://www.bouon-kobo-shin.com/contact





住宅防音
スポンサーサイト



ブログ、SNSを閲覧する方へ

当方が運営するホームページ、ブログ、SNSの画像、動画、文章を勝手に使用するのはおやめください。
無断転載、無断転用禁止です。



住宅防音

窓用防音パネルの実験①

窓用防音パネルの実験動画を投稿しました。
動画はインスタグラムでご覧下さい▼
https://www.instagram.com/otoreform/

この動画は、楽器、声楽やステレオなどで音を出した場合、どのくらい音漏れを抑えられているかの実験です。

条件は以下の通りになります。
•音源は90デシベル強
•音源からサッシのガラス面までの距離(左側)1.3メートル
•ガラスは単板3ミリ
•枠の奥行き5センチ(設置幅)
•パネル設置時のガラスとの空気層
左側:6センチ 右側:3センチ5ミリ


実験では一応、騒音計を使っていますが、外に出た時には環境音を拾ってしまい正確には測定できないので、漏れてくる音を目安にした方が分かりやすいです。

動画を見て頂ければ分かる通り、効果的には十分あり、二重サッシを設置できないところでは役立ちます。

二重サッシと違うところは、ガラスではなく薄い防音壁を設置するという感じになります。
パネルに厚みがあり、枠の奥行きにより空気層は少ないですが、一般的な二重サッシと同じくらいの性能です。

効果の出方は条件により変わってきます。

次回、騒音対策で使った場合の実験をした時に、各周波数で効果を見て、もっと詳しく書きたいと思います。


窓用防音パネルは価格を抑え、性能は変わらない廉価版モデルもありますので、問い合わせ、相談はお気軽にしてください。


問い合わせ、相談▼

https://www.bouon-kobo-shin.com/contact








住宅防音

窓用防音パネルの廉価版モデル

窓用防音パネルは、性能は落とさず価格を抑えた廉価版モデルも製作可能です。


異なる部分は、
•表面、裏面とも普通合板仕上げで合板の縁の見切り無し

•木口テープでの表面の縁、側面の化粧無し

以上の2点です。

性能重視で少しでも安くしたいのであれば、廉価版モデルをお勧めします。

表面は縁無しですが、クロス(壁紙)を貼ることも出来ます。
設置面、側面は簡単な防水加工がしてあります。
裏面はポリエステル化粧板ではないので、結露がある場合には、合板部分にナイロン製のシートを貼ったり、ガラスに結露防止シートを貼るなどで対応できます。



裏面をポリエステル化粧板にするなど、部分的な仕様変更もできます。

立てかけ吸音パネルも廉価版モデルを考えていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ▼
https://www.bouon-kobo-shin.com/contact






住宅防音

廉価版の製作

窓用防音パネルは掃き出し窓のような大きな窓以外は製作いたします。

今回入った注文もホームページの掲載の最大サイズより少し大きなサイズです。
大きなサイズは材料が足りない分、追加費用がプラスになります。

製作に時間がかかるので価格もそれなりですが、性能は変わらず見た目が簡素な廉価版の製作が可能です。
結露もなく見た目も気にしないのであれば、お問い合わせ時に廉価版希望とお知らせください。
価格もそれなりに安くなります。

只今製作中の窓用防音パネルも廉価版です。

騒音対策でほとんど窓を開けずにカーテンを閉めておくらしく、廉価版で十分とのことでした。

騒音の正体は田んぼで鳴くカエルという珍しい依頼でした。
かなりうるさいらしく、効果も気にされていたので、簡単に実験したものを撮影して送ったところ、すぐに注文となりました。

その動画はインスタグラムに投稿してあるので、気になる方は見てください。
https://www.instagram.com/otoreform/

廉価版の完成写真も後で投稿したいと思います。

住宅防音

お問い合わせ•ご相談について

当方は施工担当時代にDIYで失敗した方達を多く見てきた事ので、防音する場所の写真を送っていただき提案するという形も行っております。

相談者のお宅に合わせ、予算的な事も含めて幾つかの提案をし、納得いくものが有れば注文、製作としています。

防音材以外の材料の合わせ方も提案できますし、DIYでも技量のある方なら工事並みの提案もできるので、対応の幅は広いと思います。
効果の上げ方や、製品の仕様変更など、沢山あってホームページに掲載しきれないので、お問い合わせ、ご相談はお気軽にしてください。

選ぶ、購入、作業は全て自身の判断でやることなので、焦らず時間をかけて選ぶことをお勧めします。

こちらの説明をしっかり聞かず、自身の要望だけを押し通してくる方も中にはおりますが(苦笑)

せっかちは失敗の元です。

問い合わせ

https://www.bouon-kobo-shin.com/contact












住宅防音
プロフィール

防音職人2号

Author:防音職人2号
ようこそ!
防音工房-shin-真の篠木です。
2006年から住宅防音の設計、コンサルティング業者で専属施工担当(防音リフォーム)をしていた大工職人です。
長い現場経験からDIYでも工事の性能に近づけた防音パネルの製作をしています。
業者を呼んで簡易防音の工事をするならDIYでやってみてはいかがでしょうか。

🌐
❖ホームページ

❖インスタグラム
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
タグ

#簡易防音 #防音パネル #diy #音漏れ対策 #騒音対策 #壁の防音 #防音効果 #測定 #防音性能 #音漏れ #間仕切り壁 #diy防音 #実験 #防音壁 #吸音パネル #壁用 #窓の防音 #窓用パネル #楽器演奏 #バイオリン #防音室 #防音ドア #騒音 #防音材 #アップライトピアノ #吸音材 #防音 #子供の足音 #ドアの防音 #扉の改造 #床の防音 #遮音材 #試作品 #アレンジ #部分防音 #足音対策 #防音仕様 #上階の騒音 #製品データ #使用方法 #ピアノ 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ