GL壁の失敗例

今日は出張工事の打ち合わせをして設計士から他社で行った工事写真を貰ってきました。

マンションのGL壁で、失敗した防音工事の例のひとつです。
この事例は、複数の建築士やゼネコンが全国で失敗しているもので ほとんど防音効果がない工事です。
attachment00.png
<マンションのGL壁のボードに穴を開け、発泡ウレタンを注入した場面>
発泡ウレタンとは現在工事中の現場の解体後を見れば分かると思いますが、サッシ周りや外壁に面している壁に吹き付ける断熱材のようなものです。
GL壁は、基本的に解体して工事を行うのがベストです。
簡易防音でも適切な防音材を使って施行すれば効果が出る場合もあるので実績のある業者を幾つか探して相談するのが良いと思います。
相談は無料なのでしたほうが特です。

工事する場合も同様、たくさんの業者をあたって工事内容と見積りを比べてみた方が良いです。
分からないところは質問して説明してもらいましょう。
焦ると良いことはないのでじっくりと選ぶことをおすすめします。

ちなみに僕らの設計士に依頼される方は、そのような方が多いです。
次回の現場も地元業者で信頼できるところがなく、最終的に設計士のところに依頼されたとのことです。
施行も専属チームの僕らにしてほしいということなので行くことになりました。けっこう遠いですが(笑)

それではまた明日から都内マンションの現場を頑張ります。

スポンサーサイト

住宅防音

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

防音職人2号

Author:防音職人2号
ようこそ!
6年前から防音専門の仕事をしています。
元々はリフォームをしていたのですが、ある現場で防音の設計士と知り合いスカウトされ専属チームとしてやっています。
下地から仕上げまで全てやる防音リフォームです。
DIYなど自分で防音材を施工したい人は、次のリンクより注文してください。(このブログを見たと伝えていただければ、表示価格の2~3%値引きます。)
住宅・楽器の防音材

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR