FC2ブログ

窓用防音パネルの仕上げ

窓用防音パネルは通常版、廉価版、共に表面(部屋側)は普通合板仕上げになっています。

何故このような形にしたのかというと、ひとつは当方で価格を出来るだけ抑える為、もうひとつはお客様自身でDIYで好きなように仕上げてもらおうと思っているからです。

好みも人それぞれだし、私自身、人と同じというのが好ましく思わないタイプで、何かしらのアレンジを加えて『これは俺のものだ!』と分かるようにしているからです。

自分好みに仕上げたいけど、DIYで出来そうもない場合はご相談ください。

それでは仕上げについて幾つか出してみます。

①クロス(壁紙)を貼る
今はのり付きのものが普通に購入できるので、いちばんお手軽で簡単だと思います。

②生地を貼る
生地をカットした時に繊維のほつれがあったりするので、生地によっては少し難しいかもしれません。
そんな場合は、薄い合板に一度巻き込むように貼ってからパネル表面に取り付けてやることもできます。

③木目シート、タイルシートなどを貼る
いろいろな色や模様があります。
粘着剤が付いているものが多いので、壁紙と同じくらい簡単です。

④ペンキを塗る
これもそんなに難しくないと思います。
絵を描くのだって悪くないですよね。

⑤制振フェルト又は吸音材を貼る
これは若干の効果UPが期待できます。
音の反射が強い部屋では有効だと思います。

ざっとこのような感じでどれもそれほど難しくないと思います。

①~⑤以外にもまだ出来ることは色々あると思いますので、自身のやりたい方法が出来るかどうか不安な場合はご相談ください。


次は廉価版の裏面についてです、
廉価版は裏面も普通合板で結露対策がされていないので、結露が多いところでは工夫が必要です。

①プラダンを貼る
これだけでだいぶ違います。
色も幾つかあるので好みのものを貼ってください。
安いものは薄く、日当たりの良い場所では劣化も早いので、なるべく厚みがあり硬いものを使うほうが良いと思います。

②ポリカーボネートを貼る
これは屋根などにも使われていることから、プラダンよりもかなり長持ちします。

③ビニールシートを貼る
色や模様も豊富なのでテーブルクロスでも良いと思います。
外からの見た目も良くなりそうです。

①、②、③それぞれガラスのほうにも結露対策をするのも良いと思います。


製作するにあたって以上のような考えが元になっています。
性能(効果)は当方できちんと出るようにして、購入者がDIYで好きなようにアレンジするというのがコンセプトです。
壁用防音パネルも同様の考えで製作しています。
▼壁用防音パネルの仕上げについてはこちら

http://bouondaiku.blog.fc2.com/blog-entry-314.html?sp

お客様同士でアレンジしたものを見せ合って情報交換なんかできると面白いかななんて思っていますが、もっと世に出さないとってところですね。



お問い合わせ・ご相談

https://www.bouon-kobo-shin.com/contact

スポンサーサイト




住宅防音

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

防音職人2号

Author:防音職人2号
ようこそ!
防音工房-shin-真の篠木です。
2006年から住宅防音の設計会社で専属施工担当(防音リフォーム)をしていた大工職人です。
長い現場経験からDIY でも高い効果が得られる防音パネルの製作をしています。
業者を呼んで簡易防音の工事をするならDIYでやってみてはいかがでしょうか。

🌐
❖ホームページ

❖インスタグラム
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
タグ

#簡易防音 #防音パネル #diy #音漏れ対策 #騒音対策 #壁の防音 #防音効果 #測定 #防音性能 #音漏れ #間仕切り壁 #diy防音 #実験 #防音壁 #吸音パネル #壁用 #窓の防音 #窓用パネル #楽器演奏 #バイオリン #防音室 #防音ドア #騒音 #防音材 #アップライトピアノ #吸音材 #防音 #子供の足音 #ドアの防音 #扉の改造 #床の防音 #遮音材 #試作品 #アレンジ #部分防音 #足音対策 #防音仕様 #上階の騒音 #製品データ #使用方法 #ピアノ 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ