fc2ブログ
アイキャッチ画像
マンションでアップライトピアノの防音対策をするため、先月に立てかけ吸音パネル(遮音プラス)と床対策の防音材をご購入のお客様からピアノ設置後の報告がありました。

RC造(鉄筋コンクリート造)11階建6階にお住まい(分譲マンション)でリビングの戸境壁にピアノを設置しました。
電子ピアノからアップライトピアノに入れ替えるということで相談があったお客様です。


・対策のイメージ図

壁裏に住戸、後ろは和室を挟んで住戸、上下階に住戸という環境です。

戸境壁は厚み18センチのコンクリート+木の軸組+石膏ボードという構造で、床はコンクリートスラブに床暖房+直貼りフローリングという構造になっています。


防音対策の内容は、立てかけ吸音パネル(遮音プラス)を2枚並べて、床は当店の防音仕様【レベル5】で約2畳分の範囲で対策しています。
リビング約14帖に対して約2帖の対策なのでかなり小範囲の対策になりますが、しっかり効果が出ています。


お客様からは以下のようにメールが届きました。










作業は施工説明書を送っただけで、一度も連絡が来ることなく完了しています。
市販製品より作業難易度は少し高いですが、細かい部分まで詳しく説明しているのでDIY初心者でも問題なく施工できます。

このお客様の感想からも分かると思いますが、対策無しにピアノを弾くとかなり音が響くものです。
そのため集合住宅では何かしらの対策が必要になってきます。
そしてもう一つ分かることは、当店の防音材が安全で高性能ということです。
対策範囲も小さく集合住宅でここまでの効果を出すのは簡単ではありません。

質問に回答した後に以下のメールが届きました。




もしピアノでも他の楽器などでも音の問題に悩んでいるなら、一度お気軽にご相談ください。

ちなみに現在も戸建のアップライトピアノ対策で立てかけ吸音パネルの製作が始まったところです。


・賃貸マンションでアップライトピアノ防音対策をしたお客様

http://bouondaiku.blog.fc2.com/blog-entry-483.html?sp


・どのように対策案の説明や施工説明を行なっているのか

https://ameblo.jp/5654199/entry-12789921364.html


・ホームページ

https://www.bouon-kobo-shin.com
スポンサーサイト



防音職人2号
防音職人2号

ようこそ!
防音工房-shin-真の篠木です。
2006年から住宅防音の設計会社で防音リフォームをしていた施工技術者(大工職人)です。
長い現場経験からDIY でも高い効果が得られる防音パネルの製作をしています。
わざわざ業者を呼んで簡易防音の工事をするならDIYでやってみてはいかがでしょうか。
防音施工に慣れていない業者に工事を依頼するよりも高い防音効果が出せますよ!

トラックバック